ヒルナンデス|お掃除業界のプロが伝授!400人にアンケート調査した大掃除で面倒と思う場所とは

モップスリッパ 二人分
モップスリッパ 二人分 / yto

大掃除に関する疑問を400人の女性にアンケート!お掃除にプロがより安くキレイにお掃除テクを伝授します。

ヒルナンデスでは、お掃除業界の最強3社が登場!カインズ・ダスキン・

 

お掃除業界の最強3社とは

お掃除グッズを100種類以上取り扱っているホームセンター代表の『カインズ』。契約世帯数は約520万件あるお掃除代行の代表は『ダスキン』。

そして、1日に1億円を売り上げたことがある実演販売士の代表は『レジェンド松下』さんです。

お掃除のプロが最高のアイテムとテクニックを伝授します!大掃除で面倒と思う場所とは?

第5位 網戸

網戸は全て外して洗うのが大変です。普段は、あまり掃除のしないので汚れが取れないなどという悩みが多い場所です!

お掃除のプロ『ダスキン』が提案するのは、マイクロファイバークロスを2枚使って網戸を両方から挟むように拭くことです。

雑巾だと網目と汚れの隙間に繊維が入りずらいんです。マイクロファイバーなら細さが髪の毛100分の1、その細さが網戸と汚れの隙間に入ります。

レジェンド松下さんがおススメするのは、「パルスイクロス」です。毛足が長く洗って繰り返し使うことが出来ます!

第4位 トイレ

トイレは黄ばみが落ちなくて、便器のフチにブラシが届かない!などの悩みがあります。

ホームセンター代表の『カインズ』が提案するのは、ゴム手袋の上に軍手をします。直接触ってお掃除をすると便器のフチ汚れが簡単にキレイになります!

軍手ぞうきんは棚の隙間や照明器具、リモコンなど雑巾以上に拭き掃除がラクに出来ます。軍手なら安く買えます!

第3位 窓

窓のサッシの溝が時間がかかるやキレイにしたつもりでも汚れが残っていた!などの悩みがあります。

『カインズ』がオススメするお掃除法は、洗剤を窓に直接かけるのではなくタオルにスプレーすることです。洗剤のついたタオルで窓ふきをすると汚れが浮いて置きやすくなります。

別のタオルで水拭きしてから、仕上げにマイクロファイバークロスでから拭きします。

第2位 キッチン・換気扇

換気扇の油汚れがなかなか落ちない、シンクの水垢や。排水溝の汚れなどが厄介などの悩みがあります。

レジェンド松下さんがおススメするのは、換気扇の中にあるファンをお掃除する「親方棒」です。ファンの形に合わせて作られています。

キッチンお掃除で『ダスキン』がオススメは、“シンク汚れは家にあるデニムの切れ端でピカピカなります!”

シンク用の洗剤クレンザーは、スポンジだと洗剤を吸ってしまします。デニムの切れ端ならクレンザーがしみこむことがありません!

排水溝のぬめり対策は、10円玉を入れておくとイオンの効果でぬめりが出にくくなります。それが面倒な人は、銅でできた排水溝が売っています。

第1位 風呂

お風呂の掃除の悩みは、水あかやカビなど落としにくいや排水溝が汚いなどがあります。

お風呂のカビには2種類あります。赤カビの場合は、お湯で温めた後で浴室用洗剤でこすれば落ちます。

黒カビの場合は、お湯で温めたらカビ取り剤をつけてラップをします。しばらく放置してから外します。

レジェンド松下さんがおススメするのは、「スパイダージェル」です。本当に落ちなかったカビも落ちる洗剤です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る