スマステ!新ごはんの友VS新パンの友ベストセレクション

10月3日のスマステーションでは、新ごはんの友と新パンの友が放送されました。ゲストに佐藤健さんを迎えて番組で登場した14種類ある商品を紹介します!

京都 九条ねぎキムチ

京都にある『ほし山』は、9種類の味付けが揃うキムチ専門店です。かねてより九条ねぎを使ってキムチを作ろうと試行錯誤を繰り返した結果できた九条ねぎキムチ!九条ねぎとキムチを別々にして食べるときに混ぜることで、ねぎのシャキシャキ食感を生かしました。

福岡 パンかけ醤油

福岡県にある『ナカマル醤油』は、江戸時代末期から165年続く老舗の醤油店です。九州特有の甘口のしょう油を作り続けています。パンかけ醤油は、まるでメイプルシロップの様なしょう油をパンにつけて食べます。

香川県 手摘みオリーブ佃蔵

香川県にある『創樹』はオリーブを作っている農家です。オリーブ大国である香川県から手摘みのオリーブを使った佃煮「佃蔵(つくぞう)」。創業260年の老舗しょう油店である『かめびし屋』の天然醸造濃い口しょう油を使って3時間以上煮込んで出来上がる1品です。

埼玉県 葡萄の芥子

ナイキフーズから「葡萄の芥子(ぶどうのからし」がパンの友として登場!マスタードの種をぶどうの果汁に漬け込んだ甘辛フルーティーマスタードです。おススメはハムサンドです。

東京 山形牛100%手ほぐしコンビーフ

東京銀座にある加藤牛肉店は、山形牛にこだわった料理を提供する高級店です。霜降りの山形牛の肩肉を塩でもんで1週間以上寝かしてから8時間煮込みます。ひとつひとつ手作業ですじや脂部分を取り除きます。煮込んだ煮汁に27種類以上のスパイスを混ぜて牛肉につけることでジューシーになります。贅沢ななコンビーフですね♪

佐賀県 五島列島沖さわら燻製

佐賀県にある燻製専門店『燻や』は、店長がドイツの大会で金賞をとったほどの燻製マイスターです。魚なのにまるで生ハムのような食感がある「さわらの燻製」は、調味料は塩とさとうだけで作っています。桜のチップでいぶしたら皮の部分だけ炙ります。

三重県 松坂牛納豆

三重県にある『たぬみせ納豆工房』は、創業65年の老舗店です。大粒で濃厚な味がある赤豆に松坂牛を濃いめのしょう油で煮込んだものを合わせます。そのままご飯の上にのせたり、お茶漬けにしてもおいしい商品です。

福井県 濃厚かに味噌バター

福井県にある『三玄』から紅ズワイガニをたっぷりと使ったパンの友「濃厚かに味噌バター」。新鮮な蟹味噌を2日間炊き、バターと混ぜ合わせます。バゲットに塗ってトースターで焼くと蟹味噌の濃厚な甘さが出てきます。

愛媛県 姫かしわ鶏ポン

愛媛県にある『成見家』からジューシーな姫かしわを使ったご飯の友「姫かしわ鶏ポン」。姫かしわを網のうえで蒸し焼きにして余分な脂を落とします。四国名産の“だいだい”と“ゆず”を使った特製ポン酢につけて作ります。これは美味しそうです!西武池袋本店に売っているそうなので買いに行きたいと思います。

兵庫県 神戸えびソーセージ

イタリアンの名店『タントピアット』は、数々の有名人が通うほどの人気のお店です。そんなイタリアンの名店が手掛けたパンの友が「神戸えびソーセージ」。プリプリのえびを8尾まるごと使ったソーセージです。ピザやホットドックに食べるのがおススメです!

青森県 みそ貝焼きの素 帆立貝殻セット

青森県にある『みなみや』から漁師めしを家庭で作ることが出来るご飯の友「みそ貝焼きの素 帆立貝殻セット」。帆立貝殻とウニやホタテの身が入っています。江戸時代に漁師がホタテ貝を鍋がわりとして調理したことから広まった郷土料理です。豆腐やしいたけを入れて溶き卵を最後に回しかけで出来上がりです。

東京 フラフマシュマロクリーム

全国に348店舗ある『カルディコーヒーファーム』からアメリカで大人気のパンの友が日本上陸!入荷してもすぐに売り切れてしまう「マシュマロクリーム」は、フワッとした口どけと甘さが人気です。

青森県 サバ—リック味噌

青森県の八戸市にある『マルカネ』は、焼きサバ寿司などを作っている加工会社です。脂がのったサバを使ったご飯の友が「サバ—リック味噌」。青森の名産であるニンニクと津軽の赤みそを混ぜ込んであります。おススメはチャーハンです。

鳥取県 黒らっきょう

鳥取県にある『グラン・クリュ食工房』から、糖度40度まるでプルーンのようなごはんの友が「黒らっきょう」。鳥取県の名産である砂丘らっきょうは100年以上の歴史があります。90℃で2日間も蒸し焼きにすることでらっきょうの匂いが消えます。ロールパンにクリームチーズを付けて黒らっきょうをのせて食べることがおススメです。

佐藤健さんも香取慎吾ちゃんもオリーブが気になったそうですよ♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る