コンビニサラダ戦争!ローソン・セブンイレブン・ファミマ大手3社の73種類のトレンドサラダとは

テレビ・雑誌
スポンサーリンク

春野菜の12品目サラダ
春野菜の12品目サラダ / yto

コンビニのサラダ人気は、歯止めを知らない!この時期サラダの種類は増えて、陳列棚を支配している。5月~7月にかけて一気に需要が伸びるのだ。

めざましテレビでは、コンビニサラダなぜ人気?大手3社の73種類のサラダを徹底調査しました。何が一番多く入っているのか?どのようにして作られているのか?

コンビニサラダ新時代

東京の品川区にある「ローソンゲートシティ大崎」では、サラダ売り場を16種類から24種類に拡大しています。売り上げも年々上がっています。

東京の豊島区にある「ファミリーマートサンシャイン南店」では、女性客はもちろん男性客も続々と購入しています。サラダは“手軽に栄養”がとれることで人気があります。

コンビニサラダに入っている具材

コンビニサラダ73種類を調査したところ、入っている具材が一番多かったのはキャベツでした。次にニンジン・レタス・肉類・大根の順番です。

お肉は食感や味に違いが出て、タンパク質もとれます。今ではサラダの定番商品になっています。

一品だけで1食分がまかなえる“主食サラダ”が今のトレンドです。ローソンの「豚しゃぶのパスタサラダ」は、パスタが入って374kcalです。

ファミリマートの「雑穀のビビンバ風ボウルサラダ」は、雑穀を使ってコチュジャンをトッピングしてあります。439kcalです。主食といえカロリーが低いのも人気の理由です。

コンビニサラダのなぜに答える

千葉県の八千代市にある「日本クッカリー」では、ローソンのサラダを作っています。1日に13万食のサラダが作られています。野菜の量は10トンもあります。

コンビニの野菜は、なぜ色が変色しないのか?野菜は温度の変化に弱い食材です。工場の中から運送、店舗へと約7℃にすることで鮮度を保っています。

塩素で野菜を洗っているのか?塩を電気分解した電解水を使って洗浄・殺菌しています。電解水は、塩素水より野菜を傷つけにくくより鮮度を保ちます。

野菜は洗浄・殺菌されたら機械によってカットされます。盛りつけ作業は、すべて手作業によるものです。

まとめ

コンビニサラダは、野菜を収穫してから早ければ2日で店頭に並びます。新鮮な野菜をたくさんの種類を食べられることで人気があります。

お値段も安いモノでは、150円からあるのも魅力のひとつです。野菜を買っても冷蔵庫で傷んでしまうことが多い、同じものを食べたくない。

豚肉や鶏肉、サーモンなど食べごたえあるサラダが増えています。サラダひとつで1食分になる手軽さが便利ですね♪

&

テレビ・雑誌
スポンサーリンク
きららをフォローする
シンプルな暮らし方

コメント