冬の女性の悩み冷え性と乾燥肌!間違った入浴法が病気を呼び寄せる

キャプチャ387

寒い冬は、女性にとって悩みが多い!冷え性や乾燥肌は、お風呂の入り方で防ぐことが出来ます。

平成28年度の警視庁の統計によると、交通事故での死亡した人は年間3904人でした。それに比べて、入浴中の死亡した人は年間1万9000人でした。

スポンサーリンク

ヒートショックを予防する

お風呂での死亡事故は、12月から2月にかけてが一番多いというデータが出ています。その理由は、ヒートショックによるものです。

ヒートショックとは、急激な寒暖差で血圧が急上昇することを言います。心筋梗塞や脳梗塞も招く危険性もあります。

ヒートショックを予防する入浴法とは脱衣所や浴室は暖かくしておく!温かい部屋と脱衣所の温度差を5℃以内にすることです。

湯船に入る前に足元からかけ湯をする!シャワーや湯船のお湯を心臓から遠いところからかけて行きます。

湯船から立ち上がる時は、ゆっくりと立ち上がる!入浴しているときは、水圧がかかり血管が収縮しています。パッと立ち上がると血管が拡がり貧血状態になります。

毎日全身浴がいい!湯船につかることで全身の血液の流れが良くなる。細胞が活性化して、筋肉が柔らかくなります。

冷え性を改善する入浴法

冷え性に悩む女性は多い、熱いお風呂につかって体を温めたい。でも熱すぎると冷えるのも早いんです。最も効果的な入浴法は40℃のお風呂に入ることです。

お風呂に入る時間は、10分くらいが理想です。10分以上入ると熱中症になる危険性が強くなります。暑いお風呂が苦手な人は、38℃にして10分以上入ることがおすすめです。

お風呂にゆずを入れると体を冷やさない効果があります。ゆずの皮に含まれる油分が肌をカバーしてくれます。水が蒸発するのを防いでくれます。

ゆずの皮には、血流をアップさせるリモネンが多く含まれています。体温を上げてくれる効果があります。みかんやレモンでも同じ効果はあります。

乾燥肌を予防する入浴法

乾燥肌に悩む女性も多い、長くお風呂につかると油分がなくなってしまう。乾燥肌に最も効果的な入浴方法は、40℃の温度のお風呂に10分入ることです

5分だと体が温まらなく、血行がよくなりません。肌は血流が大事です。20分以上入浴すると保湿成分セラミドや皮脂が失われてしまいます。

半身浴は、美容目的ではない!もともとは高齢者や心臓に病気を持つ人が負担をかけないための入浴法です。

温泉に入って肌はこすらない!肌をこすると必要な皮脂をはがしとってしまう。温泉の成分が肌に入ることは、ほとんどない。

一番風呂には、水道水に含まれる塩素が多く存在します。レモン果汁に含まれる酸性が塩素とくっつき塩素を弱めます。小さじスプーン1杯入れることがおすすめです。

石鹸を泡立てて手で洗う

乾燥肌を予防するためには、石けんは泡立ててから手で洗う!ゴシゴシこすると皮脂や角質まで取れてしまいます。

お風呂に入っていれば、背中は洗わなくていい!湯船につかっているだけで汚れは取れています。皮脂の多い部分、脇や股だけで大丈夫です。

タオルは抑えるように拭く

乾燥肌を予防するためには、タオルは抑えるように拭く!ゴシゴシすると皮膚の表面をはがしてしまいます。

入浴後は10分以内に保湿する

乾燥肌を予防するためには、入浴後は10分以内に保湿をする!お風呂から上がったら皮膚から水分が抜けます。なるべく早く保湿クリームを塗ることです。

急いで肌にハリツヤを出す裏技とは、42℃の温度で10分入浴します。熱いお風呂に入ると肌がショックを受ける。肌は守ろうとして、ヒートショックプロテインが分泌されます。

ヒートショックプロテインは、傷んだ細胞を修復してくれるので肌が活性化されます。やり過ぎは禁物です。週に2回くらいにするとヒートショックプロテインが上手く出ます。

疲労回復に効果的な入浴法

疲労回復に最も効果的な入浴法は、血行促進がポイント!炭酸を発生させる入浴剤を入れることで血流が約2倍アップします。

炭酸とは、二酸化炭素が溶けたモノです。炭酸入りのお風呂に入ると、二酸化炭素が皮膚から吸収されて毛細血管に入ります。

血液中の二酸化炭素が増えるため、体は酸素不足と勘違いします。たくさん酸素を運ぼうと血管を広げます。そのため血行がよくなります。

炭酸ガス入りの入浴剤は、炭酸がしっかり溶けてから入った方がよい。入浴剤の成分が全て溶けていることで効果を発揮します。

疲労回復に最も効果的な入浴法は、40℃のお風呂に3分入ります。その後で水に手を30秒つけから足を30秒水につけます。2度繰り返したら、もう一度40℃のお風呂に3分入ります。

手足に水をかけることで血管を収縮させます。繰り返すことで血行が良くなります。

快適・お風呂グッズベスト3

お風呂グッズの専門家・松永武さんは、業界の第一人者です。お風呂グッズを約5万点を使って見ました。その中からおすすめを紹介してくれました。

第3位 マグネットソープホルダー

「マグネットソープホルダー」は、石けんを付けるホルダーです。石けん置きのヌメリって気になりませんか?ストレスになっているはずです。

吸盤のついた本体を浴室の壁に取り付けます。先端の丸いギザギザの金具を取り外して石けんに差し込みます。本体の磁石に取り付けます。

まとめ

最も良い入浴法は、40℃お風呂に10分全身浴をすることです。そこにゆずの皮が入ると完璧です。とってもシンプルな方法でした。

冷え性・乾燥肌・疲労回復に悩む人に役に立つお風呂の入り方は、とってもシンプルでした。体を冷やさないようにすることは、何よりも大切なことです。

よりシンプルに生きよう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA