王様のブランチ|USJハロウィーン徹底ガイド!ハリーポッターの秋限定のエンターテイメントとは

テレビ・雑誌
スポンサーリンク




ユニバーサル・スタジオ・ジャパンが1年で一番盛り上がる季節がやってきました。それは、「USJやりすぎハロウィーン」です。

9月24日(土)王様のブランチでは、USJの5つのやりすぎを徹底チェックしました。どんな“やりすぎ”が登場するのか?

やりすぎ魔法界

2016年は、ハリーポッターエリアでも初のハロウィーンイベントを開催しています。11月6日(日)まで毎日開催しています。

三本の箒

「三本の箒」は、映画で登場するホグワーツ魔法魔術学校の生徒たちのお気に入りレストランです。この秋だけの限定フードが登場しました。

ハロウィーン・フィースト

“ハロウィーン・フィースト”は、大人気の大皿料理グレートフィーストがハロウィーン仕様になりました。

ロティサリーチキン・ポークリブの盛り合わせ、カボチャのグラタン、皮つきコーンと温野菜添えがセットになっています。3~4人前で8,000円です。

ハロウィーン・デザート・フィースト

“ハロウィーン・デザート・フィースト”は、映画「ハリーポッターと賢者の石」に登場したデザートを再現しました。5種類のスイーツがのっています。

ここのレストランでは、記念写真にバツグンのロケーションも魅力のひとつです。

デス・イーター・アタック

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™」では、この秋限定の新エンターテイメントが登場します。

ハリーポッターを楽しむゲストの前に、闇の魔法使い“デス・イーター”が降臨してきます。映画の1シーンに紛れ込んだかのような世界観を楽しめます。

やりすぎパーティー

「リ・ボーン・パーティー」は、思い思いの仮装で参加できるショーエンターテイメントです。キャラクターたちもスペシャルコスチュームで登場します。

みんなで一緒にダンスや玉入れのゲームをします。皆で参加できる楽しさがありますね♪

やりすぎコラボグッズ

「ハリウッド・バックロット・ブティック」は、トップクリエイターたちが“スヌーピー”をテーマにしたアート作品を展開しています。

おすすめ第3位 米津玄師(ミュージシャン)

楽曲だけでなくイラストワークなども手がけるマルチクリエイターです。2015年日本レコード大賞アルバム賞を受賞しています。近未来的なスヌーピーです!

おすすめ第2位 ミナ・クォン(ビジュアルアーティスト)
BIGBANGやファレル・ウィルアムスなど有名ミュージシャンのアートワークも手がけています。黒いスヌーピーのTシャツは5000円で販売されています。

おすすめ第1位 紫舟(書家/アーティスト)
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の題字を手がけるなど、日本の伝統的な書を世界に発信しています。

人気バッグブランドの「レスポートサック」とのやりすぎコラボもあります。

やりすぎホラーイベント

USJのハロウィンと言えば、映画の中から飛び出した“ホラー”は外せません!パーク史上最多のバリエーションで登場します。

「エクソシスト」では、映画の恐怖シーンが忠実に再現されています。

やりすぎゾンビ

「ハロウィーン・ホラー・ナイト」は、期間中休みなく開催されます。パーク内に放たれたゾンビたちの襲撃に逃げ惑うゲストたち、今年は新たな演出も誕生しました。

“ゾンビ・モブ”は、ゾンビたちが圧巻のダンスパフォーマンスを披露してくれます。イケメンに会えますよ♪

まとめ

「ユニバーサル・サプライズ・ハロウィーン」は、11月6日(日)まで毎日開催しています。

1年の中で一番盛り上がる“USJやりすぎハロウィーン”、ココでしか味わえない雰囲気があります!

コメント