本田翼がおびを書いた「しいたけ占い」12万部の本の魅力とそのウラ側を見た

キャプチャ747

泣ける占いとして人気がある「しいたけ占い」、本を出版するなりタレントのダレノガレ明美やマンガ家の海野つなみなど多くの有名人をトリコにしています。

NHK「アサイチ」の占いのウラ側にも登場するほどの人気っぷりだ。いったい何がそんなに魅了するのか?

しいたけ占い

「しいたけ占い」とは、西洋占星術とインドで修業したオーラリーディング法を組み合わせています。占い師のしいたけさんが独自に編み出した方法になります。

見た目が大事な要素となるため、対面で占うことでより効果を発揮する占いです。星座や見た目の特徴などから、本人の弱点を分析して行きます。

積極的になれない

相談にきた安田千尋さんは、同じ年に好きな人がいます。食事に誘ったら断られてしまいました。それ以来、積極的にアプローチできなくなってしまいました。

しいたけさんは、肩が少し前に入っていると見ました。それは、大切な人を喜ばせることが出来るだろうか?安田さんの好きになった人は似ている人、そう分析しました。

弱点をポジティブに評価した上で積極的になるためのヒントを送り出します。

自信は始めはウソでいい!

胸を張る時間を持っていただきたくて、一番おすすめなのは、どこかデパートでもいいしちょっとだけ高い買い物。実際にお金は払わなくていいから、自信は始めウソでいい、お金持ちの令嬢モードでいってほしい。

コスプレ感覚で役になりきってもらうと、人前に立ったときに魅力的な女性でいられる気がするんです。

ヒントを与えて、どうするかは自分で決めさせる。それがしいたけさんのスタイルです!

占いに興味を持った理由

欧米では、利害関係のない人がカウンセリングをします。心療内科に行く前に相談できるスペース、それが日本では占いだと思いました。

海外では、自分の持っている悩みを否定しないでアウトプットさせるカウンセラーがいます。今までは、教会などが担ってたのをカウンセラーが担っている現場はあります。

ツイッターなら本音が言える

日本人は、自分の身近な人ほど本音が言えない。だからどこかで本音を吐き出す場所を求めてきた。昔だったらお寺や近所のタバコ屋さんなど場所がありました。

どこかで本音と建前があって、ツイッターなら顔が見えないから本音が言える。近代化した今では、どこかで占いがその役目をしている。

占い師のライター 柏木珠希

柏木珠希さんは、占い師雑誌のライターをしていました。150人以上の占い師に見てもらった経験があります。

占いで婚活して、本当に結婚相手を見つけました。その体験を「占いで結婚しました」というマンガ本にしました。

占われるプロの柏木さんが選ぶ、こんな占いにはご注意を!

誰にでも当てはまることを言う。

「あたなは周りから明るい人だと思われていますが、時々くよくよすることがありますね」、これは誰にでも当てはまります。

ビジネスマンに対して、「2009年と2011年はつらい年じゃありませんでしたか?」。2009年にはリーマンショック、2011年には震災がありました。

みんなが辛い思いをした年です。ちょっとザックリすぎるので気をつけた方がいい!

自分の価値観を押しつける

年配の占い師に多い「あなた結婚したほうがいいわよ」、「出会いの場に行きなさい」など、それは占いではない!

結婚した方が運気が良くなる星回りなら、ちゃんと言うべきです。それを説明せずに「結婚した方がいいわよ」と自分の価値観を押し付ける先生がいます。

人の持ち物を否定する

「そのパワーストーンブレス、もうパワーないわよ」、「つけていても意味ないわよ」と人の持ち物を否定する先生がいます。

そういう先生は、自分のところのパワーストーンを勧めてきます。

占ってもらう側にも注意が必要!

Aさんは、引っ越しが原因でインターネットで占いサイトにハマってしまいました。家族や体の悩みを相談しているうちにエスカレートして行きました。

「今の家族の構成だと人数的によくないから、子どもを増やした方がいい」、「こういう生活をしているとがんになる」などと言われて本気にしてしまいました。

最後は育児ノイローゼになって病院に通うことになってしまいました。そこでやっと冷静になることが出来ました。

国民生活センターによると占いによる主な相談は1539件もあります。電話占いで「神の災いが及ぶ」などと言われて災いを取り除くために60万円はらった人もいます。

まとめ

「しいたけ占い」は、12星座の蜜と毒が書かれています。上半期の運勢は、❝VOGUE GIRL❞のサイトから見ることが出来ます。

人生や性格、物事の二面性を蜜と毒とネーミングしています。ハッピーはパワーアップさせて、不調なときのアンハッピーを物ともせず進むためにはどうするか?

どちらの場合も自分自身で乗り越えるアドバイスが詰まっています。心の持ち方ひとつで歩く道は変わってくるように思います。