マツコの知らない女子マンガの世界!現実以上に絶望を教えてくれる、だから面白い

キャプチャ464

“女子マンガで日々キュンキュンすを補充する”、今マンガの映像化が大ブームになっています。特に注目されているのは、大人向けの女子マンガです!

マツコの知らない世界では、女子マンガ研究家の“小田真琴(おだまこと)”さんが登場しました!

小田真琴とは

小田真琴さんは、編集者として働きながら女子マンガの研究をしています。次にブームを巻き起こす「キュンキュン作品」を紹介します。

少女マンガは、読者に夢と希望を与えるファンタジーです。「花より男子」のようなシンデレラ要素が強い作品です。

女子マンガは、現実以上に絶望を教えてくれます。「おんなのいえ」は、女性が抱える様々な問題と向き合っていく作品です。

「1122(いいふうふ)」は、不倫公認を選んだ夫婦が主役です。結婚の嘘と真実、30代のリアルライフを描いています。

小田さんの家には、25年間で集めた5000冊のマンガが並んでいます。6畳の部屋には、本棚が14台作家名ごとに並んでいます。

女子マンガの楽しみ方

女子マンガの楽しみ方は、女の子になってキュンキュンすることです。もしかして平凡な人生の僕の明日にも起こるかも…

王子様がいたらな~と思いながらマンガを読んでいます。小田さんは、精神的な女子力が高い人なんです。分からない人には分からないタイプの人ですね。

お休みの日には、お菓子を作ります。その編が女子力の高さを物語っていますね。

絶対に読むべき女子マンガ

“キュンキュンがとまらない!絶対に読むべき女子マンガ”を小田さんが選びます。

プリンセスメゾン

「プリンセスメゾン」は、26歳の主人公が居酒屋で真面目に働いてきました。夢であるマンションの購入を果たします。

不動産会社で勤める伊達誠一は、無表情とさりげない優しさでイチコロになります。ささやかな日常の幸せを描いた作品です。

舟を編む

「舟を編む」は、辞書作りに励む編集者たちの物語がです。言葉の深みに触れながら成長しいきます。出版業界の仕事をコミカルに描いています。

主人公の馬締光也(まじめみつや)は、辞書編集部に誘われると笑みがこぼれます。その表情がたまらなくいい!

マリーマリーマリー

「マリーマリーマリー」は、恋愛のときめきや結婚との向き合い方を描いた作品です。主人公の里多とギタリストの森田との結婚生活を描いています。

結婚に関してはネガティブな情報が多い中で、その素晴らしさや楽しさを通解に描いたラブコメディです。

彼に振り回されながらも、結婚してるって楽しいな素直の思える作品です。結婚は人生の墓場のような話が多い中、必要な作品です。

少女マンガの過渡期

少女マンガからリアリティに行くまでの間、現実ってとらえてしまうとキレイ過ぎる。少女マンガってとらえると、これでは夢見れない。そんな過渡期に入っています。

マンガの世界も新しいジャンルが出てきています。「月と指の間」は、主人公が55歳です。「傘コトブキまり子」は、主人公が80歳です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る