【ガイヤの夜明け】いま副業が注目!お金が足りない働き方はここまで変わったのか

5月の花 (2005)
5月の花 (2005) / duke.yuin

”人生100年時代”どう生きる?働き方が大きく変わってきています。ひとつの企業に定年まで勤めるのではなく、副業もこなすという新しい働き方が注目されています。

ガイヤの夜明けでは、日本転換のとき人生100年時代の働き方を探りました。いったいどんな人生の選択肢があるのでしょうか?

エンファクトリー 専業禁止

東京の代官山にある「エンファクトリー」は、創業6年のITベンチャー企業です。成長機会を提供するために“専業禁止”を掲げています。

社員には、複数の仕事を抱える副業を勧めています。いつ何が起こるか分からない時代に個人が自立しなければいけない!そんな意図もあります。

新入社員も副業できる

新入社員の中村結花さんは、大学院にいる頃に“コワーキングスペース”の研究をしていました。あと少しで本を執筆する予定です。

エンファクトリーでは、副業近況発表会が開催されます。副業をする社員やOBが年2回報告をします。副業が本業になることもあります。

いろんな人と触れ合いながら、自分自身の働き方について考えていきたい・・・中村さん・・・

 サイボウズ 複業採用

東京の日本橋にある「サイボウズ」は、スケジュール管理など会社向けのシステムを作っています。社員は370人ほどで国内トップのIT企業です。

サイボウズは、働き方の改革にも力を入れています。在宅勤務の社員や子連れ出勤など多様な働き方を認めています。

今年4月からスタートした“複業採用”は、本業がありながらサイボウズで社員として働くこともできるシステムです。複数の職業につけることを推進しています。

コミュニケーションのトレーナー

竹内義晴さんは、長野市で職場作りやコミュニケーションのトレーナーをしています。職場の人間関係に悩む人にアドバイスします。

新潟県妙高市に住む竹内さんは、日産自動車のエンジニアでした。IT関連の会社に転職してからコミュニケーション法を勉強します。そして独立しました。

農業プログラム

竹内さんは、セミナーや企業の講演会のほかにインターネットの記事を書きます。本も出版しています。自宅近くでは、“農業プログラム”を作るためにそばを作っています。

農業プログラムとは、豊かな自然の中で農業を体験してストレスを解消してもらうプログラムです。

今の時代は何があるか分からない、必要なのは変化の対応力、やれること知識・技術・人脈そういうのを広げたい!

コーポレートブランディング部

竹内さんは、サイボウズの複業採用で4月に入社しました。配属先は「コーポレートブランディング部」です。

コーポレートブランディング部とは、“サイボウズを知らない人にも知ってもらう”というコンセプトで活動しています。

竹内さんに与えられたのは、企業や学生向けのセミナーの改善点を見つけることです。提案したのは、好きなことを分析して図に表すやり方です。

“好きなこと”から“やりたいこと”にひも付けられたら、頭で一生懸命“やりたいこと”をひねり出さなくてもいいと思う。

「複業」で他の会社に入ると新しい価値観が入りスキルも磨かれる。一生懸命やることで未来の基礎力をつけていきたい!・・・竹内さん・・・

ランサーズ

パソコン
パソコン / muo1417

東京の澁谷にある「ランサーズ」は、様々な仕事を仲介するサービスを提供しています。急成長しているベンチャー企業です。

企業がランサーズに登録した個人に仕事を依頼します。依頼された人は、実際に仕事をして報酬を得るという仕組みです。

ホームページの作成やちらし作成など依頼された件数は約150万件あります。依頼総額は約1,200憶円にもなります。ほとんどの人が副業で登録しています。

ランサーズの秋好陽介社長は、サラリーマン時代に副業でランサーズを始めました。

1人の人が同じ企業に勤めるのは、企業の寿命も短くなっているし労働人口も減っているので難しい。複業・兼業という働き方が普通になる。・・・秋好さん・・・

 POOK

ランサーズでは、6月から「POOK」というサービスを開始します。個人の特技を仕事にできるというサービスです。

本棚の組み立てや引っ越しの手伝いなど、“より多くの人に利用してもらいたい”そのために立ち上げました。

働く側からすると、きっとあなたも誰かに比べて得意なことがある。普通の方というか、一般の方に使ってほしい!・・・秋好さん・・・

 掃除代行サービス

島崎由真さんは、人材派遣の営業マンです。複業に興味があり「POOK」のユーザーテストに参加しました。島崎さんは、奥さんと1歳5ヵ月になる子供がいます。

共働きのため、家事や育児は分担します。子育てを始めて分かったことは、家事が意外と上手で苦にならないことです。

「POOk」は、自分でできるサービスを登録します。島崎さんは、育児に疲れた人向けのサービスを登録します。

“育児に疲れたあなたの代わりにまるっと家のお掃除請け負います!”、PR用の写真も添付します。希望金額は2時間3,000円です。

登録してから1週間後に仕事の依頼がきました。子育て中の家庭からの依頼は、お風呂の掃除です。離乳食の相談も受けます。

まとめ

誰でも得意なことってあります。でも、それを生かすことができる職場につくことって難しいです。

働き方は、これまでのやり方や考え方が大きく変わろうとしています。1つの企業で働きながら副業もする。他の世界を見ることで視野も広くなります。

自分の好きなことや得意なことで生活して行ける。そんな未来が近くまで来ています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る