思わず読みたくなるブログ記事タイトルのつけ方5つのポイント

a0960_005911

ブログはタイトルが大切!それで読んでもらえるかどうかが決まる。それは分かっていても、どう書いていいのか分からない。

どんなに良質な記事を書いても“タイトルの付け方”で失敗すると読まれることは少なくなります。そんな悩みを解決する具体例を紹介します!

記事タイトルで全てが決まる

今探していること、悩んでいること、知りたいことをインターネットで検索をする。そのときに一番最初に目にするのが記事タイトルです。

有名なブロガーならブログ名から訪れる人も多いかも知れません。でも、ほとんどの人は検索から目についたタイトルをクリックします。

あなたの記事を読んでもらうためには、記事タイトルの付け方で100%決まります。では、“思わず読みたくなる”ようなタイトル付け方を探ってみた。

数字を入れる!

人は具体的にイメージできるモノに反応します。広告業界では、数字を入れると効果があるのは常識です。

書店に並んでいる本を見ると分かりやすい。例えば「7つの習慣~成功には原則があった~」は、世界的にベストセラーになりました。

タイトルに数字を入れることで人の想像力を刺激する効果があります。記事タイトルを決める時も具体的な数字を入れてイメージしやすくしよう。

簡単であることを伝える!

記事に書いてあることが簡単であることが分かるようなタイトルをつける。誰でも簡単にできることに惹かれます。

「たった3分で手に入る」や「誰でもできる!1日15分のジョギング」などダイエットの本などでよく使われます。

難しくて大変な方法を知りたい人はいないはずです。少しでも簡単にできるのかをアピールすることが大切です。人は簡単ですぐに手に入るモノを好みます。

キラーワードを使う!

キラーワードとは、誰でも気になってしまう目に止めてしまうような言葉です。「知らなきゃ損する」や「絶対に知っておくべき」などがある。

定番・半額・人気ランキング・徹底比較などなど、インパクトの強いキラーワードはたくさんある。

誰もが知りたいと思っているキラーワードをブログタイトルに含める。そこに興味を持ってブログを見てくれる人は圧倒的に増える。

ターゲットを明確にする!

その記事は誰に書いているのか?ターゲットを明確することが大切である。数多くの人に伝えようとするより、ターゲットを絞ると印象強く訴求できるようになる。

周囲がザワザワと騒がしい立食パーティの場であっても、自分の名前が呼ばれたら意外とすぐに気づくものです。

このような現象を心理学では「カクテルパーティ―効果」と呼びます。

たくさんの情報が溢れているインターネットの世界では、自分のことを言っている、探していた情報かも?と気づいてもらえることが大切です。

役立つことを伝える!

人は知りたい情報を検索したとき、そこに役立つ情報があるのかタイトルで決めます。

今悩んでいることが解決できる。願いをかなえてくれる。それを手に入れられるかどうかで記事の中身を読もうとしてくれるのだ。

「~の方法」や「~のテクニック」などの言葉を使うと分かりやすい。一目みただけで役立つと分かることが大切である。

人はとても忙しい!そんな中で自分のブログを見に来てくれるには、一瞬見たタイトルに役立つことが分かるように意識することである。