伝わる文章の書き方5つのポイント

ブログ運営

a0027_002890
ブログを始める理由を聞かれたら何と答えますか?“文章を書くのが好きだから”、“誰かのためになる記事が書きたい”など理由はそれぞれでしょう。

ブログを続けて文章の書き方に悩むことはありませんか?伝わる文章のかきかた7つのポイントを紹介します!

分かりやすい文章を書く

一文一義を目指す

文章は、「伝えることを1つに絞る」ことで分かりやすい文章になります。1つの文にあれもこれも詰め込まないところがポイントです。

「一文一義」とは、1つの文が1つの内容を表すことを言います。

例文:改善前

当店の人気商品は「チーズケーキ」で、来店されるお客様の半数以上の方がこのチーズケーキを購入されて、今では遠方からわざわざ足を運ぶ方が急増して、スタッフ一同喜んでおります。

例文:改善後

当店の人気商品は「チーズケーキ」です。来店されるお客様の半数以上の方がこのチーズケーキを購入されます。今では遠方からわざわざ足を運ぶ方が急増。スタッフ一同喜んでおります。

箇条書き

文章を書くとき、箇条書きを使った方が良い部分では積極的に使ってみる。箇条書きを使うと視覚的に伝えることが出来ます。

箇条書きで文章を書くときは、行頭の記号はどんなものを使えばいいのか悩むことがあります。

順番性のない箇条書きは、「・」「◆」「●」など記号を使います。操作手順などを説明するときは、数字を使って分かりやすくします。

説得力のある文章とは

分かりやすい数値を入れる

「たいへん多く」や「いくつかあります」など曖昧な言葉を使うことはありませんか?読んでいる人からするとインパクトに欠けます。

文章に数値を入れるときは、ピンとくる数値を入れます。「テニスコート○○個分」や「東京ドーム〇〇個分」は、広さをイメージする時に使われます。

読者がイメージしやすい分かりやすい数値を使うことが大切です。

固有名詞を使う

説得力のある文章を書くときは、具体的な固有名詞を使うと伝わりやすくなります。“最寄り駅から少しだけ歩きます”より、“新宿駅より歩いて5分の場所にあります”と書いた方が伝わります。

文章に格言やことわざを使うと説得力が増します。

感情に揺さぶる文章とは

感情を揺さぶる文章を書くためには、「五感を刺激する」ことを意識します。五感とは、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚のことを言います。

視覚的に見たとき、触角と言う点からみた書き方、うまく五感を刺激するとイメージが付きやすくなります。

ステーキの場合は、“ジュ―ジュ―”と音を使うことで聴覚を刺激します。“口の中に入れるととろけるほど柔らかい”と表現すると味覚を刺激します。

臨場感があふれる文章を書く

臨場感とは、実際にその場に身を置いているような感覚を言います。文章で臨場感を出すためには、会話を入れる方法があります。

目の前で起こっているかのようにクローズアップして語るようにして書きます。具体的に書くことで文章全体にメリハリがあって臨場感もでてきます。

共感を呼ぶ文章とは

共感とは、他人の考えに行動に全くその通りだと感じることです。書く人の感情を読む人が同じように感じる文章を書きましょう。

自分の経験したことや悩み、好きなことなどを書くことで共感する人は必ずいます。

ノスタルジーに訴える文章を書く

「ノスタルジー」とは、フランス語で「故郷や過ぎ去った時代を 懐かしむ気持ち」という意味の言葉です。

ノスタルジーに訴えかける文章には、読む人を昔にタイムスリップする効果があります。「昔のヒット曲」や「方言」など懐かしさが共感を呼びます。

まとめ

言葉が与える影響力は、無限大です。ブロガーとして分かりやすい文章を書きたいと思っています。

シンプルで分かりやすい記事を書くことを心がけています。この記事がお役に立てれば幸いです!

コメント