投資信託の始め方!初心者におすすめファンドを紹介します

インターネットサービス
スポンサーリンク

投資信託で資産運用を始めたい!そう思っても何がいいのか分からない。ファンドは何がいいの?どの商品をどんな割合で買えばいいの?

初心者でも簡単に始めることができる投資信託のインデックスファンドや積立投資について紹介します。

投資信託とは?

投資信託とは、投資家から集めたお金をプロが運用してくれる金融商品のことを言います。株式や債券、不動産など多くの商品があります。

どんな商品を買うか?いつ買うべきか?どれだけ買うか?それらの全ての判断を専門家に任せるのが投資信託です。

初心者におすすめ投資信託

投資信託は、少額から始められるため初心者におすすめです。100円から投資信託の購入や積立ができるファンドもあります。

投資信託は、株と同じように値動きがある金融商品です。上がることもあれば下がることもあります。

たとえ減ったとしても気にならない金額から始められるのが投資信託の大きなメリットです。

投資信託を選ぶポイント

投資信託を始める時は、いくつかポイントがあります。最低限の知識を持つことも運用する上で大切なことです。

投資信託をする目的を決める!

なぜ投資信託を始めるのか?先の見えない将来への不安を感じている。子どもたちのための教育資金や老後の資金のために投資信託を始める。

自分の年齢や仕事などを考えて、どこまでリスクが取れるのか想像しやすくなると思います。

投資信託の分野を選ぶ!

投資信託には、株式・債権・リート(不動産)の3種類あります。株式は、国内株式・先進国株式・新興国株式の3種類あります。

債権は、国内債券・新興国再建の3種類あります。リート(不動産)は、国内リート・海外リートがあります。

株式は、会社の業績に連動することが多いため債権に対して値動きが大きいのが特徴です。

購入手数料は無料を選ぶ!

購入手数料とは、投資信託を買う時に支払う手数料です。手数料率は、購入価格の0~3%です。初心者は、ノーロード(無料)がおすすめです。

信託報酬の安さとメリット

信託報酬とは、投資信託を運用してくれる会社に支払う手数料です。ファンドによって差があり、年利0.05~3%かかります。

投資信託には、株価のような基準価格があります。信託報酬を引いた上で基準価格が決まっています。

信託報酬が低ければ基準価格が高くなります。信託報酬がゼロに近いほどおすすめとなります。

分配金がでると基準価格が減る!

投資信託の中には、毎月分配金が出るものがあります。毎月お金がもらえるには意味があります。

投資信託は、分配金が出ることで基準価格が下がってしまいます。毎月コツコツ積み立てるなら分配金が出ない投資信託の方がおすすめです。

投資ブロガーが選ぶ!Fund of the Year

「投資ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」は、投資信託についてブロガーさんたちが企画しています。

投資ブロガーさんたちが、投票で1位から20位まで決めています。実際に投資している人の素直な意見が反映されています。

初心者におすすめ楽天証券

楽天証券は、楽天ポイントで投資信託を買うことができます。1ポイントが1円で換算されるため、最低100ポイントあれば投資信託が購入できます。

楽天証券でポイント投資することで、楽天市場の買い物のポイント還元率が1%上がります。ポイントから利用できるところから人気があります。

クレジットカードの楽天カードで積み立てることもできます。月50,000円までは、1%の楽天ポイントが貯まります。

コメント