美容と健康にいい!納豆嫌いも食べられる大豆のパワーを探ってみた

エイジングケア
スポンサーリンク

美容と健康にいい言われている「納豆」、何がそんなにいいのか調べてみました。

納豆に含まれている栄養成分はいくつかあって、にきびや肌荒れを防いでくれて水分まで補給してくれるっていうからすんごいですね♪

栄養価が高いと分かっていても“ネバネバが苦手”や“臭いがダメ”と言って好みが偏った食品のひとつでもあります。そんな方に変わり種の納豆を紹介します。

納豆の栄養分
☑レシチンには、油分を分散させる性質があるため美肌効果があります。
☑ポリグルタミン酸はヒアルロン酸の10倍の保水力があると言われているそうです。
☑ナットウキナーゼは、血液をサラサラにします。
☑ポリアミンは、新陳代謝や老化防止に効果があります。

まだら模様の大豆ホンマ1号で作った まぼろしの納豆

北海道にある豆蔵の社長は、豆にこだわったあまり自分で開発してしまった豆がホンマ1号です。社長の名前からとってつけた商品名です。

まだら模様の豆を使って作った「まぼろしの納豆」は、見た目は堅そうなイメージですが柔らかく栗のような風味が残ると言います。

年間250万個の大ヒット!つゆだく納豆

ちょっとしたアイデアで納豆嫌いの人でも食べられると年間250万個も販売するメガヒット商品になりました。

ヒミツはたっぷり入ったタレにあります。納豆嫌いに人の理由に“ネバネバや臭い”があります。タレをたっぷりかけて混ぜることでネバネバや臭いを抑えることに成功しました。

納豆の本場で作られたダイエットにもいい キムチそぼろ納豆

納豆の本場である茨城県で作られている「そぼろ納豆」には、切り干し大根が入っています。江戸時代から伝わる伝統的な食べ物でもあります。

そぼろ納豆の進化したバージョンが“キムチ味”です。ダイエットにもいいとされているキムチが入ったキムチそぼろ納豆が人気があります。

ごはんのおともとしてお酒のおつまみとしても良さそうですよ♪

ひそかなブーム 山形の郷土料理だしを入れた納豆

山形の郷土料理“だし”とは、きゅうり・大根・ネギなどの野菜を醤油で味付けしたものです。さっぱりとしていて冷や奴やおそばにかけて食べます。
そんな“だし”が入った納豆がひそかなブームになっています。だしと納豆のトロトロ感が旨味を広げてくれます。

納豆にバジル?若い女性に人気 せれぶで納豆

“若い人にもっと納豆を食べてもらいたい”そんな思いからパスタなどの洋食にも合うように作られた「せれぶで納豆」。

バジルの風味が若い女性に人気があります。ガーリックトーストにのせても美味しいそうですよ♪

コメント