【沸騰ワード】伊是名島(いぜなじま)に行きたい!最強のおもてなしと女神に会える島

キャプチャ527

日本にある有人島は418あります。その中でも突然に観光客が殺到する島がある、それは何故だろうか?

ガイドブックにのっていない沸騰島、なぜ人が集まるのか?沖縄県の『伊是名島(いぜなじま)は、この10年で観光客が60%増えています。

スポンサーリンク

東京から7時間半 伊是名島へ

『沖縄県・伊是名島(いぜなじま)』は、東京から南に約1,500㎞の場所にあります。羽田から3時間で那覇空港に行きます。そこから北部へ行きフェリーにのります。

東京から7時間30分で行くことが出来る別世界が広がる島。口コミによると“最強のおもてなしの島!”、“青い海と奇岩の絶景島”などと言われています。

伊是名島の魅力とは

山々に連なる「伊是名島(いぜなじま)」は、妊婦さんが横たわっているように見えます。その姿が伊是名女神と呼ばれています。

「伊是名島(いぜなじま)」は、サンゴ礁が隆起した島です。波と風の浸食で生まれた奇岩が存在します。

コバルトブルーの海は、1月でも平均気温17℃の南国のようです。子どもたちは、冬でも海に飛び込んだりします。

イヒャジューテー

「イヒャジューテー」」は、旅人を自宅に迎え入れてもてなした週刊のことを言います。今でも各家庭の玄関には、お菓子が置かれています。

龍の口

「竜の口」は、山道を歩いた先にあります。長い年月をかけて風化によって出来た龍の口は、風の岩と呼ばれています。知る人ぞ知るパワースポットです!

ココから見る朝日は、龍の口から炎を吐くように赤く染まります。

修学旅行のホームステイ先

伊是名島は、高校の修学旅行の先として人気があります。年間6000人もの生徒がホームステイをするためにやってきます。

生徒たちは、さとうきびを植えたり手伝いをします。別れのフェリー乗り場では、泣いてしまう生徒たちもいます。温かい島なんですね♪

エイタイムーチー

「エイタイムーチー」は、沖縄で言うお餅です。紫芋のペーストをもち米と砂糖を合わせた団子にします。月桃の葉で包んで蒸した縁起物です。

黄金のピラミッド

「黄金ピラミッド」は、三角形の形をした山が朝日が昇る瞬間に黄金に輝きます。夜が明ける前に船で海に出ることで見ることが出来ます。

角度を変えてみると伊是名女神の頭部の部分なんです。まさに自然が生んだ神宿る奇跡のピラミッドです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA