初心者のワインの見つけ方!自分にとっての美味しいを見つける方法とは

キャプチャ290

ワインを選ぶときは、何を基準にしていますか?大切なのは「自分にとって美味しいワインを見極めること」です。

お酒に詳しくなる必要なんて、まったくない!自分にとってのおいしいを見つける、シンプルな方法を紹介します。

スポンサーリンク

自分にとっての美味しいを見つける方法

ワインを選ぶときに必要なこと、産地・収穫年(ヴィンテージ)・輸入元・品種などあります。この中でいちばん必要なのは品種です。

あまりワインに詳しくない人は、品種だけを見ることです。フランスのどこどこ地方の…2000年のヴィンテージで…何て気にする必要はありません!

ヴィンテージは、作る年によってバラツキがなくなりました。それは、安定したクォリティのワインを作る技術が発達したためです。

ワインの産地は、フランス・イタリア・スペインなど世界中にあります。その数は膨大になるため初心者にはハードルが高い!

初心者は品種を覚えること

世界には、ワインに使われるブドウの品種は200~300あります。その中で覚えるべき品種は、赤ワイン5種類と白ワイン3種類だけです。

ビノ・ノワール

「ビノ・ノワール」は、赤ワイン界の女王様です。フランスのブルゴーニュのほか、ドイツ・アメリカ・オーストラリアで作られている。

華やかで繊細な味わいであるため、赤ワインの品種として確固たる地位を築いている。

カベルネ・ソーヴィニヨン

「カベルネ・ソーヴィニヨン」は、圧倒的な存在感がある赤ワインです。カルフォルニアやチリ、イタリア、オーストラリアでも作られています。

渋味・酸味・甘味・香りなどすべての要素が全力で主張してきます。有名なボルドーにも使われています。

シラー

「シラー」は、ジューシーさとスパイシーさが特徴です。フランスのローヌ地方が原産地で、オーストラリアでも栽培されている。

濃厚でスパイシー、香りの深さがあってコショウのような香りが特徴的です。

メルロー

「メルロー」は、全体的にバランスがとれた品のいい味が魅力です。カベルネ・ソーヴィニヨンと一緒で栽培しやすい特徴があります。

気軽で飲みやすく、いろいろな料理に合わせやすい味が人気です。

テンプラニーリョ

「テンプラニーリョ」は、エグみが少なくジューシーな味わいが特徴です。スペインのリオハ地方原産と言われています。

テンプラニーリョの100%もありますが、ほとんどが他の品種とブレンドして作られています。

シャルドネ

バランスの良い白ワイン「シャルドネ」は、作り方によって違う味になります。ヨーグルトのような“まろやかな酸”の2種とりんごみたいな“シャープな酸”の2種があります。

白ワインの他、スパークリングワインにも使われます。カリフォリニア、チリ、オーストラリアなど幅広い地域に分布している。

リースリング

「リースリング」は、超甘口から辛口まで幅広い味を楽しむことが出来ます。ドイツが原産と言われています。ドイツワインと言えばリースリングを呼ばれているほどです。

甘口が主流ではあるが料理に合うと、世界中から愛されている人気の白ワインです。

ソーヴィニヨン・ブラン

「ソーヴィニヨン・ブラン」は、フルーティーな香りとすっきりとした爽やかな味わいの品種です。夏の暑い日にぴったりな白ワインです。

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカなどで作られています。

ワインは楽しむことが大切!

初心者にとっては、ワイン選びは種類が多く難しく考えがちです。目安となるのは、赤・白・スパークリング・ロゼのワインの種類です。

料理との相性を考えて、どのワインが会うか少しづつ覚えていくと、自分に合ったワインが自ずと見えてきます。いろいろなワインを飲んでみて楽しむことが大切です。

安くて美味しいワインが揃った「コノスル」は、ぶどうの品種を変えて12本セット購入できるお店です。ワイン初心者におすすめなセットです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA