シューイチ|この夏行きたい、江ノ島電鉄でめぐる鎌倉~江ノ島エリア

テレビ・雑誌
スポンサーリンク

鎌倉 Kamakura
鎌倉 Kamakura / densetsunopanda

夏といえば江ノ島に行きたくなります。江ノ電にのって、のんびりと海を眺めながらぶらり旅がおすすめです。

7月10日(日)日本テレビのシューイチの9時半ごえでは、「江ノ島電鉄でめぐる、鎌倉~江ノ島エリア」の特集をしていました!

地のモノをふんだんに使った、こだわりのグルメやひんやりスイーツなど、これを見たら江ノ島に行きたくなりますよ!

カフェのようなラーメン屋「一閑人」 大人つけ麺

「江ノ電でめぐる、鎌倉~江ノ島グルメ」は、鎌倉駅からスタートします。鎌倉駅からひとつめの和田塚駅では、たっぷりの鎌倉野菜とつけ麺を食べます。

鎌倉市由比ガ浜にある『一閑人(いちかんじん)』は、カフェの様な雰囲気があるラーメン屋さんです。地元でも人気のお店です!

お店で人気のサイドメニューが“鎌倉野菜サラダ(小サイズ)”です。毎朝、市場から仕入れる15種類の鎌倉野菜にゴマベースのシーザードレッシングをかけたボリューム満点のサラダです!

ハート型のきゅうりや白インゲンなど“みずみずしいサラダ”は480円という安さで食べることができます。

「トントロチャーシューつけ麺」は、平打ち麺の上に豚トロがたっぷりのっています。鶏や豚ベースに野菜、ホタテのおかゆを合わせた“こだわりのスープ”で食べる絶品つけ麺です。

夏にぴったりの「ハバネロつけ麺」950円(税込)もあります。ハバネロは平打ち麺にからませてあります。辛い物が好きな人にピッタリのメニューですね♪

トントロチャーシューつけ麺 1,170円(税込)

のの夏に最強の鎌倉みやげ ラ・シュ・シュぷりん

和田塚駅からふたつめの長谷駅は、鎌倉大仏の最寄り駅として知られています。そのすぐ側にあるのが『かわいい娘たち~La・Chou・Chou~(ラ・シュ・シュ)』です。

ここにしかない!オリジナルのプリンが評判なんです。鎌倉の塩で作ったカラメルソースをかけて食べる「La・Chou・Chouぷりん~鎌倉の塩カラメル~350円(税込)など食材にこだわったプリンが並んでいます。

スイカ・グァバ・アサイー・マンゴー・パッションフルーツなど、南国フルーツフェアを開催しています!お土産におすすめの“カラフルぷりん”です。

海が見えるテラスが人気 アマルフィーデラセーラ

長谷駅から3つ目の七里ガ浜駅を降りると階段が見えてきます。100段近くある階段をのぼると、やっと見えてくるのは人気イタリアンのお店です。

Amalfi Della Sere(アマルフィーデラセーラ)』は、人気のヒミツは海が一望できるテラス席にありました。

ピッツァ 七里ガ浜1,670円(税込)は、釜揚げシラス・長ネギなどのクリスピーピッツァです。

赤座海老と鮮魚のラグー、ムール貝のトマトソースリングイネ1,990円(税込)は、甘みの強い赤座エビとムール貝、真鯛の実を煮込んだトマトソースをリングイネにからめました。

ちょっと変わったジェラートのお店 The Market SE1

七里ガ浜駅から3つめの江ノ島駅には、この夏かかせない“ひんやりスイーツ”のお店があります。

『The Market SE1(ザ マーケットエスイーワン)』は、個性的なジェラートが揃っています。「パッションフルーツとカルダモン400円(税込)は、パッションフルーツとカレーなどに使われるスパイス“カルダモン”をトッピングしたジェラートです。

プラムにフランボワーズヴィネガー400円(税込)は、プラムにフランボワーズで作ったお酢を合わせた爽やかで甘酸っぱいジェラートです。

ライチときゅうり400円(税込)は、ライチとキュウリを合わせたちょっと変わったジェラートです。

 絶景の中で食べる江ノ島名物

江ノ島エスカーにのると島の頂上まで行けます。頂上には、江ノ島サムエル・コッキング苑があって、四季折々の花や植物が迎えてくれます。

少し歩くと目の前に湘南のシンボルである「江ノ島シーキャンドル」が見えます。入場料は大人が500円で、展望台からは江ノ島が一望できます!

江ノ島シーキャンドルからも見える『江ノ島亭』は、絶景を見ながら海鮮料理を食べることができます。

「生しらす丼」1,296円(税込)は、相模湾で水揚げされた新鮮なしらすがたっぷりのっています。

「江ノ島丼」1,188円(税込)は、相模湾でとれた新鮮なサザエを、わかめなどと甘めの出汁で煮て卵でとじています。

コメント