いっぷくで見た アレルギーを持つ子供たちに人気!食物アレルギー対応レストラン「イルソーレ」

スポンサーリンク
メディア

食物アレルギーの子供たちにとっておいしい外食ができることは夢ではないか?そんな夢を叶えてくれるレストランの紹介です。

a1180_016533

食物アレルギーの代表的な症状は皮膚の症状で、じんましんや口が腫れたりします。まったく皮膚の症状がなくて咳き込んだり、お腹が痛くなったりすることもあるそうです。

さらに酷い症状になるとアナフィラキシーショックと血圧が下がるケースがあるという。意識がなくなり命に関わってくる方もいるそうです。

国が指定しているもので27品目もあります。特に症例が多いのが落花生・えび・そば・かに・たまご・乳・小麦の7品目になります。発症を防ぐには食事から原因となる食材を排除しなければならない。

使える食材が限られてしまうと見た目が寂しい料理になってしまいます。料理は目から入る見た目のキレイさも大切です。

東京・杉並区にできた食物アレルギー対応レストラン「イルソーレ」

キャプチャイルソーレ
イルソーレ公式サイトはこちらから⇒http://www.oyakocafe-ilsole.com/

東京・杉並区にある「イルソーレ」は食物アレルギーに対応してくれるレストランです。オーナーである辻さんは自身も食物アレルギーを持つお子さんがいるそうです。

「イルソーレ」は7品目を抜いても見た目が美しくおいしい料理とアレルギーを持つ方から人気があります。母乳で育てているお母さんにも安心して食べられます。

アレルギー対策でいちばん大切なのは、“コミュニケーション”と辻さんは言います。オーダーの時はアレルギーの有無を必ず聞き、調理中はほかの料理に混入しないように注意して丁寧に作業をします。

ケーキを食べられない子供のために料理人として何ができるだろう?そう模索して5年アレルギー対応ケーキを開発しました。卵や小麦、乳製品を使わずに米粉や豆乳で作りました。見た目をよくするポイントとして、スポンジにトウモロコシの粉を混ぜています。

加熱していない乳製品を食べるとアレルギーが出てしまう子供のためのケーキには、生クリームの代わりに豆乳クリームを使いました。はじめて食べたケーキに恐る恐る食べはじめながら、最後は口いっぱいに豆乳クリームを付けているのが印象的でした。

私の姉の子供たちも長年アトピーに悩まされています。小さい頃から食べるものを制限される生活を送っていました。大人になるとガマンもできなくて少しなら大丈夫かな~と思って食べてしまうと、ポリポリ血が出るほどに皮膚を掻いてしまう。そんな繰り返しでした。

アレルギーになる原因とは、食の安全性ににあるのでしょうか?大人たちがもっと真剣に食の安全性を考えなくてはいけないと思いました。

メディア
スポンサーリンク
きららをフォローする
シンプルな暮らし方

コメント