ヒルナンデスで見た かっぱ橋商店街にあるキッチン便利グッズ

キッチングッズ

芸能界でも料理好きで知られているTOKIO松岡昌宏さんと、日本橋たいめいけんの店主茂手木さんが選ぶキッチン便利グッズの紹介です。

ヒルナンデスでは、プロの料理人が御用達の専門店が並ぶ「かっぱ橋」に注目しました。専門店が170店もあるかっぱ橋は、調理器具ならなんでも揃うと言われています。

日本橋たいめいけんの店主がオススメのお店として「お鍋の博物館」を紹介しました。有名ホテルやミシュラン星獲得店のシェフ御用達のお店です。プロが使う調理器具を2万点以上あります。

茂手木シェフがオススメの鍋が“鍋のベンツ”こと「プロキング」半寸銅鍋21cmです。一般的な鍋に比べて2倍の厚さに作られています。熱が鍋全体から入り均等に食材を温めることが出来ます。たいめいけんでは、ビーフシチューなどの煮込み料理に使っているそうです。

フライパンを選ぶなら“フライパンのランボルギーニ”こと「キングフロン」

キングフロンはよくテレビや雑誌にのっている有名なフライパンですよね。IHとガスどちらにも使えるとっても優れたフライパンです。

一般的なIHフライパンは側面が温かくならないために焼きムラができてしまいます。キングフロンは全体的に熱を効率よく伝えるステンレス・極厚アルミの合金をフライパン前面に使っています。そのためフライパン全体に熱が伝わります。

かっぱ橋で見つけた便利グッズ「オムパン」は、オムライス専用のフライパンです。
フライパンの中央部分がくぼんでいるのでオムライスが簡単に作れます。たまごを均等にフライパンに流し込んだら炒めたご飯を入れて包むだけで作れるという便利グッズです。
オムライスを作るとひっくり返した時にたまごが破れてしまう、そんな失敗をなくしてくれます。

創業102年の調理器具専門店「飯田屋」で見つけたキッチングッズ!!
飯田屋は、プロが使うグッズが約8000点やアイデアグッズが1000点そろう人気店です。

卵の形をした醤油差し“コロバナイン”は、起きあがりこぼしの原理を使って作られています。容器が倒れることがないので醤油がこぼれません。コロバナインはキッチングッズを紹介する番組で取り上げられています。

まな板でオススメなのが「ほおの木」です。

日本刀の鞘に使われていたほおの木は、大きいのに重さ1.3kgというすんごい軽いまな板です。匂いが残りにくいという特徴があって肉や魚の調理に便利です。水切れがよくて抗菌性が高いのも人気がある理由です。
ほおの木のまな板は、私も使っていますが本当にいいものです。まな板を買うんだったらほおの木が一番だと思います。

コメント