【ヒルナンデス】世界中の花火をみた写真家がえらぶオススメの花火大会とは

隅田川花火大会
隅田川花火大会 / nauleyco

夏の楽しみのひとつに花火大会があります。2017年の花火大会は、見逃したら絶対に後悔するような大注目の花火大会があります。

ヒルナンデスでは、世界中の花火を撮影して31年の“冴木一馬(さえきかずま)”さんが登場!オススメの花火大会を紹介します。

スポンサーリンク

三重県 熊野大花火大会

三重県の「熊野大花火大会」は、海の上で行われる花火大会です。海の上なので様々な高さに打ち上げることが出来ます。

海上自爆は、最も低い高さで打ち上げる花火です。海中で自爆させる三尺玉は、直径600mにも広がる花火は迫力満点です。

フィナーレでは色鮮やかな花火がいくつも舞い上がります。その美しさは圧巻です!

「熊野大花火大会」は、8月17日(木)三重県熊野市で行われます。

北海道 勝毎花火大会

北海道の「勝毎花火大会(かちまいはなびたいかい)」は、レーザーと火柱を出す巨大なセットが会場に組まれています。

レーザーと花火と火柱がまとめてセッティングされた舞台から打ちあがります。エンターテイメント性が高い花火演出です。

照明や火柱、特殊効果花火もすべてが計算されて打ち上げられています。北海道のアーティストの曲が大音量で流れてきます。

「勝毎花火大会(かちまいはなびたいかい)」は、8月13日(日)北海道帯広市で行われます。

 山形県 赤川花火大会

山形県の「赤川花大会」は、ストーリー仕立ての仕掛け花火が見どころです。2014年は、宇宙人から地球を守る物語“Save the Earth”でした。

2016年は、“イルカの恋物語”でした。イルカのクゥくんとアイちゃんの恋物語は、輪くぐりに挑戦します。何度も失敗してしまうクゥくんにアイちゃんからキスのプレゼント。

子どもたちの一緒に見ると盛り上がります。毎年、ドラマティック花火が好評です。

「赤川花火大会」は、8月19日(土)山形県鶴岡市で行われます。2017年のテーマは、“おばけ”です。

NARITA花火大会

千葉県の「NARITA花火大会」は、毎年秋に開催される花火大会です。ラスト1分間に1500発の花火が一気にあがって圧巻です。

大きさの違う花火を連続で打ち上げている。その大きさは端から端まで400mあります。

観客参加型のビンゴゲームは、菊や牡丹の花火を打ち上げて合わせて行くという趣向を凝らしています。

「NARITA in 印旛沼」は、10月14日(土)千葉県成田市で開催されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA