ご飯のおともランキング!高島屋600種類から気になる1位は京都の〇〇でした

お取り寄せ
スポンサーリンク

高島屋のデパ地下には『味百選』というコーナーがあります!北海道から沖縄まで厳選されたご飯のおともが並んでいます。その数600種類、ここに来たら欲しいものが必ず手に入るのではないか、と思ってしまう程です。そんな『味百選』からご飯のおともランキングの紹介です。

広島 花瑠&花星(オイルアンドオイスター)

第3位 花瑠&花星
広島県にある倉崎海産が作った『花瑠&花星(オイルアンドオイスター)』は、カキのオイル漬けです。お取り寄せ雑誌やテレビでも紹介されるほどに人気のある商品です!ご飯やパン、パスタに入れても美味しく食べられます。カキの旨みがでたオイルが美味しくてワインにも合います。

京都 小松こんぶ

第2位 小松こんぶ
京都の雲月が作った『小松こんぶ』は、懐石料理の流れから生まれました。“まだ少しお酒は飲みたいがお腹はふくれて・・”そんな場面で、塩辛くなく・柔らかで・えぐみのない物として誕生!酒の肴としてもご飯おともとしても相性がバツグンに良い商品です。

京都 チリメン山椒

第1位 チリメン山椒
京都はれまが作った『チリメン山椒』は、最高級のチリメンじゃこにピリッとしびれる実山椒がきいた逸品です!チリメンじゃこは、今から50年ほど前に京都の料理人が何気なく炊いたのがはじまりでした。料理人の勘が引き合わせた、海の幸と山の恵みの美味しい出会いでした。

高島屋のデパ地下にある『味百選』、600種類もあるごはんのお供の中から京都の定番商品が2品選ばれました。京都には変わらない優しい味を求める人が多いのかな~と思いました!「はれま」が作りだしたチリメン山椒は、最初はなかなか売れなくて同じような商品が他で並ぶようになってから売れ出しました。

チリメン山椒は、今では“京都のお土産”としても“ご飯のおとも”としても有名になりました。

コメント