白熱ライブビビット|加藤シゲアキのお取り寄せハウスで紹介された「生姜」ベスト5

お取り寄せ
スポンサーリンク

新生姜ジンジャエール
新生姜ジンジャエール / salchuiwt

体を温めてくれる『生姜』は、アンチエイジングやデトックス、ダイエットに効果があると話題になりました。生姜を特集した本もたくさん出版されました。

生姜専門店がオープンしたり、生姜製品や関連グッズも発売されました。

9月23日(金)の白熱ライブビビットの人気コーナー「カトシゲのお取り寄せハウス」。ブームから進化したお取り寄せ“生姜”ベスト5、どんな美味しい商品が登場するのか?

 料理研究家 森島土紀子さんとは

料理研究家の森島土紀子さんは、オリジナルの生姜レシピは500種類以上を持つ生姜大好きな方です。

あまりにも生姜が好きすぎて、神奈川県川崎市に「生姜料理 がらがら」という専門店をオープンしました。ブームなる20年前のことです。

生姜が収穫されるのは。6月~11月の間です。まさに今が一番いい時期なんです。

金時生姜

全国の一流料亭御用達である『金時生姜』は、愛知県の木村農園で作られています。最上級の葉生姜は、辛み成分が普通の生姜に比べて約2倍あります。

それだけの辛み成分を生み出すには、多くの畑の栄養が必要になります。収穫した後は、同じ畑で約7年間は栽培しません!こだわりのある葉生姜です。

味噌を付けて食べるのがおすすめ!甘酢漬けや天ぷら、葉生姜を細かく刻んだ炊き込みご飯も絶品です!

第5位 金時生姜 15本入り 540円

まぜまぜジンジン

『まぜまぜジンジン』は、生姜の生産量日本一の高知県で作られています。今年7月に商品化になったばかりです。「レストパークいの」からお取り寄せ出来ます。

地元でとれた最高級の生姜を甘酸っぱい土佐酢につけたご当地商品です。梅しそ味は、さっぱりとした味です。小夏味は、柑橘系の風味がきいてフルーティーです。

森島さんのおすすめは、納豆に混ぜて食べることです。生姜は何にでも合う万能な食材です。

第4位 まぜまぜジンジン 690円

プリンdeしょうが

プリンdeしょうが』は、長崎県の松本農園で作られています。松本農園は、100年以上も生姜を作り続けています。長崎県のスイーツコンテストで最優秀賞を受賞しました。

生地とカラメルにジンジャーシロップを使っています。大人っぽいスパイスがプリンに加わった味です。

第3位 プリンdeしょうが 300円

ジンジャー黒カレー

『ジンジャー黒カレー』は、森島さんのお店でいちばん人気の黒カレーが商品化されてものです。1日最高で7000食を売り上げる人気カレーです!

淡路島産のタマネギをぺースト状にして、34種類のスパイスをブレンドしたルーを加えます。長崎産の生姜を皮ごとミキサーにかけて混ぜます。

隠し味には、イカスミを加えてあります。風味とコクが増します。

第2位 ジンジャー黒カレー10食 4,298円

 ジンジャーシロップ

『ジンジャーシロップ』は、銀座にある日本初の生姜専門カフェ「銀座ジンジャー」でお取り寄せ出来ます。カフェでは、14種類のドリンクメニューや玄米ジンジャーグラノーラなど販売しています。

お店で一番人気が『ジンジャーシロップ』です。これまでに270万本販売しました。厳選された生姜ペーストに数種類のスパイスを加えて、2時間煮込んでから1日寝かせます。

柚子ジンジャーシロップで作った“ジンジャエール”とラ・フランスジンジャーシロップで作った“ホットミルク”とても美味しそうです。

第1位 ジンジャーシロップ(ラ・フランス/柚子/プレーン)2,700円

コメント