和食料理人がえらぶ!プロが自宅で使っている炊飯器ランキング

全国の和食料理人に聞いた“自宅で使ている炊飯器”の紹介です。

しっかりとした目をもっている料理人だからこその意見を参考にしたい我が家の炊飯器もずいぶんとくたびれてしまったから、そろそろ新しい商品が欲しいと思っていました。

スポンサーリンク

パナソニック Wおどり炊き

・古米でもスチームと圧力によって新米のように美味しく炊ける。(日本橋ゆかり 野永さん)

・おかゆなどの白米以外にも対応する優れものです。(京都の和食料理人)

・ご飯の甘さを一番に考えたとき、重要なのはα化させること蒸気で熱を伝え続けてお米を焦がさない部分に共感できたから、炊き上がりもふわふわで美味しい(京の米料亭 八代目儀兵衛 橋本さん)

Wおどり炊きとは
➀底面と側面のコイルを0.04秒で切り替えて、ご米を交互に加熱することでおどるように炊き上げるのが特徴です。

かまどに負けないうまいご飯が炊ける炊飯器 東芝の真空ひたし

・真空スチームで蒸らす技術はかまど炊きに負けない、味に甘さが出て美味しい。

・真空でお米の旨さを逃さないという技術に脱帽!かまど炊きに負けない旨さ。(京都の料亭)

真空ひたしとは
➀真空にしてお米を浸す機能が付いていて、お米の給水力を上げてくれます。
➁真空美白保温で約40時間も黄ばみを防ぎながら白い状態を保ちます。

これはすんごい商品だと思いました!

ふっくら炊ける炊飯器 タイガーの土鍋「炊きたて」

・ご飯の炊きあがり具合が土鍋だからふっくらと仕上がる、土鍋で保温がしっかりできる。

・長時間保温しておくことができるから、山形県のお米と相性がよくお米がより美味しくなる。(文四郎麩料理処 清居 斉藤さん)

土鍋炊飯器とは
➀他の炊飯器にはない土から練って土釜を作っています。
➁土鍋釜によって280℃の高温で炊き上げることが出来ます。
➂火力を3段階に調節でき土鍋の“おこげ”を味わうことが出来ます。

南部鉄器を使った炊飯器 象印の極め羽釜

・火力が強いので炊くときにお米が全体にまわって美味しくなる(赤坂 三河家 堀込さん)

・お米を高熱で炊き上げ旨味が引き出せるから美味しい(大政寿司 清水さん)

・鍋釜に圧力が掛かっていて、釜底の温度がいったん上がるとなかなか下がらないので美味しく炊ける(京都府 平等院表参道 竹林 下口さん)

南部鉄器極め羽釜とは
➀ひとつひとつ砂型を使って、溶かした鉄を流し込み熱が冷めたら丁寧に不純物を取りのぞいて作られています。
➁非常に加熱性の高い鉄器になっています。
➂業界最速の1合なら15分で炊ける早炊き機能が付いています。

これはすんごい商品です。ぜひ使ってみたい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA