ダイエットにきく食事 エリカ・アンギャルさんもすすめる和食の魅力

ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして活躍したエリカ・アンギャルさんは、モデルたちにバランスの良い食事として一汁三菜(いちじゅうさんさい)をすすめてきました。

a0002_011889

美しいモデルたちを育てたエリカ・アンギャルさんによると、こんなに素晴らしいバランスと取れた食事は海外には存在しないと和食を絶賛しています。

一汁三菜のバランスだと色んな違った栄養素も摂取できる。なかでも美容に効くメニューとは、ごはん・味噌汁・焼き魚・おひたし・煮物であるという。

一汁三菜の栄養効果とは?
味噌汁:大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをするエストロゲンが含まれる。女性の美しさや若々しさを手助けしてくれる。
焼き魚:さば、いわし、サーモンには良質なたんぱく質だけでなく、良質な脂も含まれるEPAにはお肌の弾力をキープする働きがあります。
おひたし&煮物:かぼちゃやブロッコリー、ほうれん草を食べると一番外の皮膚の層に蓄積されて紫外線からお肌を守ってくれます。

一汁三菜は美肌を作るだけではなく病気予防にもなります

エリカ・アンギャルさんが書かれた本です。

エリカ・アンギャルさんは、一汁三菜は美肌を作るアンチエイジング効果パーフェクトバランスといいます。世界一の美女を目指すファイナリストたちに“美しくなる食生活”を伝えてきただけあって、なかなか説得力のあるコメントです。

“美人”とは、内面が輝いている人の事といいます。健康でかつ内面が美しくなるためには、食事に気を配り内面を磨くトレーニングをすることが必要なのだそうです。

一汁三菜は病気予防にもなるといいます。日本食というのは色々な野菜が小鉢の中に入っていいるので、たくさんの野菜がとれます。単独の野菜だけではなくて複数の野菜がとれることで、アルツハイマーの予防につながるという報告があるそうです。

お魚にはオメガ3不飽和脂肪酸といって、細胞や血管を柔軟に保って動脈硬化を改善するという働きがあるそうです。また、うつ病や心臓病の予防にも効果があるといいます。

美容に良くて健康にも優れている食事、まさに和食はパーフェクトバランスと言っていい食事法だと思います。

本日、10月15日(水)TBSいっぷくの“もったいない遺産”で紹介された「一汁三菜」、日本の伝統的食文化“和食”が無形文化遺産として登録されたのが納得できる番組でした。

こちらもエリカ・アンギャルさんの書かれた本です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA