【ヒルナンデス】東京駅限定みやげ!ゴールデンウィークの帰省にピッタリ人気ベスト10

Tokyo station
Tokyo station / kubotake

ゴールデンウィークは、帰省や旅行など予定している人も多くいます。お土産を買うために人が溢れる場所と言えば「東京駅」です。

東京駅は、1日の平均乗車人数は43万人以上います。グランスタ・エキュート東京・京葉ストリートの3大駅ナカが選ぶ“東京駅限定みやげ人気ベスト10”を紹介します。

スポンサーリンク

東京駅の3大駅ナカとは

「グランスタ」は、東京駅の中にある商業施設の中で最大の広さがあります。新幹線を利用する人に絶大な人気があるのは「エキュート東京」です。

「京葉ストリート」は、他にはない独自の品揃えが売りです。この3つの商業施設が1ヶ月の売り上げを集計してランキングにしました。

第10位 豆褒美(まめほうび)

東京あんぱん「豆一豆(まめいちず)」は、エキュート東京内にある“あんぱんの専門店”です。1か月の販売個数は、5,872コです。1日平均189コ売れています。

2012年にオープンした東京駅にしかない“あんぱんの専門店”は、10種類以上のあんぱんが揃っています。お客さんの口コミで人気になりました。

“豆褒美(まめほうび)”は、宝石のように輝くあんが入っています。小豆とつぶあんを1:1にすることで、滑らか感とつぶつぶ感を出しています。1コ257円です。

第9位 パンダの旅

創業は慶応2年のえびせんべいの老舗「桂新堂」は、昨年8月にグランスタ内にオープンしました。

えびせんべいが7種類並んでいます。1ヵ月の販売個数は6,471コです。1日平均209コ売れています。

東京駅限定は、「パンダの旅」です。東京の観光スポットが描かれたえびせんべいです。東京タワーや雷門、パンダなどが入っています。3袋入りで648円です。

第8位 東京ジャンドゥーヤチョコパイ

イタリア・トリノの老舗チョコレートブランド「カファレル」は、古くからヨーロッパ各地の皇室や貴族を魅了して来ました。そんなカファレルがグランスタ内に出店しました。

東京限定として開発されたのが「東京ジャンドゥーヤチョコパイ」です。1ヵ月の販売個数は11,701コ、1日平均377コ売れています。4コ入りで648円です。

ジャンドゥーヤとは、ヘーゼルナッツとカカオを混ぜたです。ナッツと香ばしい風味が特徴的な甘さ控えめのチョコレートです。カファレルが1860年代に最初に考えたと言われています。

第7位 メープルフィナンシェ

グランスタ内にある「ザ・メープルマニア」は、メープル菓子の専門店です。カナダ産のメープルを使った“メープルフィナンシェ”は東京駅限定です。6コ入りで1,069円です。

表面はサクッと中はしっとりとしたフィナンシェです。シンプルで飽きの来ない味にハマる人続出しています。1ヵ月の販売個数は12,658コです。1日平均408コ売れています。

第6位 東京駅限定 ワッフル10個セット

神戸の人気洋菓子店「エール・エル」がグランスタに出店しました。ワッフルケーキのお店です。スティック状の生地にチョコをかけた“スティックワッフル”などあります。

「東京駅限定 ワッフル10コセット」は、ふっくらと焼いたワッフル生地に季節に合わせたフルーツやクリームをサンドしています。一番人気はヨーグルトピーチです!

10コセットのうち3コは東京駅限定の味です。1ヵ月の販売個数は12,947コです。1日平均418コ売れます。10コセットで1,300円です。

「くるくるワッフル」も人気があります!

第5位 東京かみなりや

京葉ストリートにしかないお店「東京かみなりや」は、浅草の雷門に住む“かみなり様”と“かみなりおこし”の原料となるお米をコンセプトとした和スイーツのお店です。

“東京かみなりや”は、かみなり様の角の形をしています。ナッツとゴマの餡がけとかみなりおこしがアクセントになっています。5コ入りで700円です。

なかにはフワフワのクリームが入っています。最後まで食べるとアーモンドが出てきます。1ヵ月の販売個数は13,008コです。1日平均420コ売れます。

第4位 とろとろ焼きカップチーズ

京葉ストリートにしかない「フロマージュ・テラ」は、チーズのお菓子専門店です。

“ぷるぷるチーズプラトー”は、マスカルポーネ・モッツァレラ・リコッタなどのチーズを喉ごしのよいデザート風にしました。

“とろとろ焼きカップチーズ”は、生地の中にはトロットしたクリームチーズが入っています。空気をたくさん含んだメレンゲを混ぜることで熱を加えたときにチーズがトロッとなります。

お客さんの注文が入ってから焼きます。1ヵ月の販売個数は17,762コです。1日平均573コ売れます。1コ216円です。

第3位 東京レンガぱん

東京あんぱん「豆一豆(まめいちず)」は、エキュート東京内にある“あんぱんの専門店”です。第10位でも登場しました。

“東京レンガぱん”は、東京駅の丸の内駅舎のレンガをモチーフにしています。見た目にもインパクトのある四角いパンです。1ヵ月の販売個数は37,379コです。1日平均1,206コ売れます。

1日に4400コ販売したこともあります。エキュート東京内では、売上№1の東京駅限定みやげです。

あんぱんの中には、こしあんと特製ホイップクリームが入っています。生地には白あんと小豆が入っています。甘さは控えめで1コ287円です。

第2位 メープルバタークッキー

グランスタ内にある「ザ・メープルマニア」は、メープル菓子の専門店です。看板商品は“メープルバタークッキー”です。1ヵ月の販売個数は38,665コです。1日平均1,247コ売れます。

人気のヒミツは、メープルシュガーと高級バターを生地にたっぷり練り込んであるところです。ひと口食べるとメープルの甘さとバターの濃厚なコクが広がります。

パンケーキのような味わいとサクサクの食感が絶妙な一品です。9枚入りで864円です。

第1位 銀のぶどうのチョコレートサンド

東京駅限定の一番人気の商品は、グランスタ内にある「銀のぶどう」で扱っている商品です。“銀のぶどうのチョコレートサンド”は、チョコの香ばしさ広がる一品です。

アーモンド・マカデミアナッツ・ピーナッツの3種類のナッツを練り込んだ生地にホワイトチョコとミルクチョコがサンドされています。

夕方になると行列ができます。1ヵ月の販売個数は43,337コです。1日平均1,398コ売れます。8枚入りで712円です。

まとめ

ゴールデンウィークは、今週末から始まります。東京の定番土産と言えば“東京ばなな”、これもとっても美味しい商品です。

東京駅の構内にあるお土産売り場は、何を買っていいのか迷ってしまいます。そんな時にテレビの情は報、とても役に立ちます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA