【ヒルナンデス】大人気プチリッチカレー45%のシェアがあるレトルトの世界とは

IMG_2599
“手軽だけど味がイマイチ”というレトルト食品のイメージは、もう昔のことです。年間500品を試食する達人が3大トレンドを紹介します。

10月4日(火)のヒルナンデスでは、「レトルト食品の最新トレンド」が登場しました!

スポンサーリンク

今泉マユ子とは

今泉マユ子さんは、年間500品のレトルト食品を試食する達人です。4人家族で、カレーやスープ、お弁当にも入れてしまうほどのレトルトを利用しています。

プチリッチ レトルトカレー

レトルト食品の中で、約45%のシェアがあるレトルトカレー。各企業が差別化をするため従来の値段より2~300円高い”プチリッチカレー”がブームになっています。

子羊とマッシュルームのカレー

「子羊とマッシュルームのカレー」は、開けた瞬間から赤ワインの香りが漂うレトルトカレーです。

赤ワインを使った濃厚ソースに柔らかい子羊とマッシュルームを入れて煮込んであります。シリーズ累計では、10憶円の大ヒット商品です。

高級フランス料理店“シェ・イノの”古賀純二”料理長が監修したレトルトカレーなんです。

ボルドー産赤ワインと黒トリュフ塩を贅沢に使っています!

子羊とマッシュルームのカレー 540円

濃厚ビーフカレー

「濃厚ビーフカレー」は、大きな肉がゴロゴロ入ったレトルトカレーです。10種類の野菜とスパイスは20種類以上入って本格的な味がします。

タマネギは丸1コ分入っています。甘みも旨味もたっぷりのレトルトカレーは、“100時間カレーB&R”の味です。

いちばん時間をかけているのが寝かせている時間なのだそうです。4日以上かけて作った職人技のレトルトかれーです。

濃厚ビーフカレー 630円

プーパッポン

「プーパッポン」は、素材を生かした無印良品のレトルトカレーです。甘みたっぷりのワタリガニとふわふわ卵が入っています。

ココナッツミルクやパームシュガーなどで作った特製カレーソースがベースになっています。開発した人がタイまで食べ比べたモノを持ち帰って販売しています。

バターをひとかけ溶かし込むだけで濃厚でコク深い味わいになります!

プーパッポン 500円

 カルディコーヒーファーム

カルディコーヒーファームは、全国に374店舗ある輸入食材を扱ているお店です。人気人気のレトルト商品とは?

ロスティ

「ロスティ」は、スイス版のハッシュドポテトです。1日で2000コ販売したほどの人気商品です。野菜スープで味付けしてあるため、ジャガイモの甘みを引き立てています。

ロスティ 480円

ラザニアキット

「ラザニアキット」は、ホワイトソースとボロネーゼ、生パスタが別々に入っています。累計15万食販売したヒット商品です。

ボロネーゼは赤ワイン風味の本格派、パウミジャーノチーズが入った深みのあるホワイトソースと相性もいいです!

ラザニアキット 500円

パスタソース

パスタソースは、レトルト食品業界ではカレーに次ぐ激戦区です。バラエティーが豊富で簡単にアレンジメニューに使えると主婦に人気です。

粒たらこの十勝産生クリーム仕立て

「粒たらこの十勝産生クリーム仕立て」は、十勝産生クリームをたっぷり使って“たらこ”の辛みが絶妙のアクセントになっています。

いつものポテトサラダにソースを和えるだけで、“明太ポテトサラダ”になります。クリーミーなポテトサラダの感性です!

粒たらこの十勝産生クリーム仕立て 250円

じゃがいもとトマトのジェノベーゼ

「じゃがいもとトマトのジェノベーゼ」は、兵庫県産のバジルを使っています。チーズやカシューナッツで奥行を出しています。

6万食売れるジェノベーゼソースで簡単にアヒージョが作れます!キノコやエビなどをオリーブオイルで熱したら、ジェノベーゼソースを入れます。

無印良品のジェノベーゼソースは、塩味とニンニクがきいているので、アヒージョの味が一発で決まります。

じゃがいもとトマトのジェノベーゼ 290円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA