ヒルナンデス|東急ハンズの防災グッズ750点ここまで進化したのか

9月1日(木)は、“防災の日”です。東急ハンズ新宿店には、防災グッズを750点取り揃えています。

ヒルナンデスでは、進化した防災グッズの特集をしました。ゲストは、震災の経験者でもある“武井荘”さんです。

スポンサーリンク

進化した非常食とは

東急ハンズ新宿店には、非常食が180種類以上揃っています。保存期間は3年ある「缶deボローニャ」は、缶の中にふかふかのパンが入っています。

「マジックパスタ カルボナーラ」は、お水を入れるだけでパスタが食べられます。

レスキューフーズ カレーライス

「レスキューフーズ カレーライス」は、電子レンジなしでほかほかのカレーライスが作れます。お値段は、920円(税抜)です。

箱の中には、ご飯・カレー・発熱剤・発熱溶液・加熱袋・スプーン・ナプキンの7点が入っています。

作り方は簡単!
1.専用の加熱袋に発熱剤を入れます。
2.白いご飯とカレーを袋のまま入れます。
3.発熱溶液を袋の中に入れます。
4.20分待ってから10分蒸らします。

IZAMESHI 出汁のきいた牛丼

IZAMESHIの「出汁のきいた牛丼」は、8月に発売になった商品です。お値段は950円(税抜)です。賞味期限は3年あります。

袋の中には、ご飯と牛丼の具の2点が入っています。ご飯は、水分を含ませることでふっくらご飯になるアルファ化米を使っています。

ご飯に牛丼の具を混ぜるだけで牛丼が作れます!約1時間でお米がふっくらとします。

進化した照明グッズ

災害時に怖いのが停電です。東急ハンズの防災コーナーには、50種類以上の照明グッズが揃っています。

手をかざすだけで照明がつく「LEDヘッドライト」2760円(税抜)や、スプーン1杯分の水で1週間も光っているライト「水ピカッ」980円(財抜)があります。

電球と懐中電灯の一体型 レス球

「レス球」は、普段はLED電球として使います。停電のときには、外して懐中電灯として使うことも出来ます。お値段は、3,800円(税抜)です。

LED電球だから厚くなりにくいので、取り外しも安全なんです。ソケットにはめて置くだけだ充電されて、懐中電灯として1時間も使えます。

今年発売! ソーラーパフ

「ソーラーパフ」は、今年発売になったばかりの折りたためるランタンです。お値段は、3400円(税抜)です。

中に入っている照明は、パネル式なので潰しても大丈夫です。幅をとらずに持ち運びに便利です!ソーラー充電池式のライトは、8時間でフル充電できます。

防災だけでなくアウトドアやオシャレな関節照明としても使える便利グッズです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA