ガイヤの夜明け8/18放送!北海道みやげ「カリカリまだある?」は本格的カレーの味がする

北海道のお土産というと六花亭のバターサンドや石屋製菓の白い恋人たちが有名です。8/18に放送された『ガイヤの夜明け~意外なコラボがこれまでにない商品作る!』の紹介の中に北海道で売り上げを上げている会社があった。勝山良美さんが作ったYOSHIMIという会社である。

北海道に旅行に行ってきた人にお土産で頂いた「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」を食べてみた。北海道と言えばスープカレー、本格的なカレーの味がするおせんべいでした。

スポンサーリンク

レストランシェフが作ったコラボ商品

「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」は新潟県にある岩塚製菓とYOSHIMIのコラボ商品です。YOSHIMIの経営者である勝山良美さんは、シェフとしてレストランの経営もしています。

今までにあったカレー味のするおせんべいは、揚げたおせんべいにカレー粉をまぶす商品が主流でした。「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」は、勝山さんのお店で出しているスープカレーをベースにしたタレに漬け込んだあります。特製ガラムマサラと生地に練りこんだエビの香ばしさがポイントです。だから本格的な味がして美味しいんだ~と思いました。

平成21年4月に作られたという「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」知らなかった私は、人生を損した気分である。

料理人のアイデア!札幌おかきOh!焼とうきび

札幌おかきOh!焼とうきびもヒット商品です。こちらも岩塚製菓とのコラボ商品、もち米をベースにトウモロコシをたっぷりと練りこんであります。ドライコーンが一緒に入っているのがポイントです。

菓子メーカーとのコラボでヒット商品を生んだYOSHIMIの代表である勝山さん。現在は菓子メーカー6社とのコラボして15種類の商品を販売しています。すんごいですね~憧れてしまいます。美味しいものを作れる人って羨ましいな~

目指せ!東京オリンピック 3時のラスク抹茶

勝山さんは世界を目指していた!料理人がアイデアを出してどんどんコラボ商品を発信していくといいと言います。お茶の老舗でもある岩田園の抹茶を使いラスクを作りました。この商品は、イケダパンで作られています。

鹿児島県の最大手のパンメーカーであるイケダパンは日本にいち早くラスクを販売した会社です。独自の技術でシュガーを均等にかけています。その技術を生かして抹茶をラスクにかけていきます。

羽田空港での販売を開始した東京3時のラスクは、年内には国際線ターミナルで販売される予定です。世界を代表するお菓子になるのでしょうか?とっても楽しみですね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter できららをフォローしよう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA